フォーム編集・新規登録

フォームの編集と新規登録は、要素としては同じですので同時に説明します。

編集は、登録した情報が既に入っているという点以外は新規登録との違いはありません。

 

 

① フォーム名

フォームを識別するための名前です

 

② 項目新規作成ボタン

フォームの項目が1つ追加されます。下図のような状態で、最後尾に作成されています

 

9.マーケティング-9-3

 

③ 項目の表示順変更

フォーム内の項目の表示順を変更するためのつまみです。ドラッグアンドドロップで項目の順番を入れ替えることができます

 

④ 項目設定

 

タイトル 項目のタイトルとして出力されます。項目の識別にも使わます
サブタイトル タイトルの後ろに出力されます。注意文言としても利用できます
形式

テキスト:改行なし文字列、テキストエリア:改行あり文字列、チェックボックス:複数選択可能、ラジオボタン:1つ選択可、セレクトボックス:1つ選択可となっており、テキスト、テキストエリアの場合は文字数制限を指定します

class cssのclass名です。フロントにフォームが生成される際、このclass名が付与されます
文字制限 形式がテキスト、テキストエリアの時だけ指定できます
項目(改行区切り) 形式がチェックボックス、ラジオボタン、セレクトボックスの時だけしていできます。それぞれの項目を改行区切りで入力します
エラー文言 形式がテキスト、テキストエリアの時、文字制限を超えるテキストが入力された時に出力されるエラー文言です
必須 必須か必須でないかをチェックします

 

⑤ 項目の削除

項目を削除できます

 

⑥ 状態

一度登録したフォームの内容は修正できません。フォームへの登録があった場合、項目変更前後でデータに不整合が起こるためですそのため前述の図では編集を完了するボタンがありませんが、新規作成の場合は右図のようなボタンが出現します

 

img_01_introduction_03

 

⑦ 自動返信メール設定

送信元メールアドレス

ユーザーに送信される自動返信メールの送信元のメールアドレスです。

ユーザーはこのメールアドレスを受信できる必要があります

ユーザメールアドレスタイトル

自動返信メールをどこに送るかという設定項目です。画面左側で登録したどの項目がユーザーのメールアドレス なのかを表しています。登録した項目のタイトルをここに入力します

メールタイトル 自動返信メールのタイトルです。##項目タイトル## とすることで入力項目をタイトルに挿入することができます
メール本文 自動返信メールの本文です。##項目タイトル## とすることで入力項目を本文に挿入することができます
自動送信する チェックしない限りは自動返信メールは送信されません

 

⑧  自動送信メール設定変更

一度登録したフォームの内容は変更できませんが、自動送信メールの設定は変更が可能です。

編集画面ではこの場所にボタンが新たに出現し、自動送信メールの設定だけ変更可能です

関連記事

Sorry. No data so far.

メルマガ登録
セミナーやキャンペーン情報など、不定期で配信しています