休業日管理

主に注文時の配送日指定の計算に用います。注文時から何日後から配送日の指定が可能かは前述のシステム設定画面にて設定可能ですが、間に休業日をはさんだ場合は休業日をとばして次の営業日から指定できるようになります。また、フロントページにカレンダーを表示することも可能です

 

 

① 月移動ボタン

初期表示で現在月が表示されますので、他の月に移動する時に使います。

右ボタンで翌月、左ボタンで前月に移動します

 

② 今日ボタン

月移動ボタンで移動後、現在月に戻る時に使うボタンです

 

③ カレンダー

メインの操作部分です。休業日として設定したい日付をクリックすると、赤い背景の休業日というアイコンが出現します。アイコンがある日が休業日となります。もう一度同じ日付をクリックするとこのアイコンがなくなります。過去日付は休業日の指定ができず、必ず当日以降の設定をする必要があります。翌月以降の休業日も同時に設定できますので、月移動ボタンにて移動しながら数ヶ月分の登録が可能です。ただ、画面右上の保存ボタンを押さないかぎりは設定が反映されません。休業日をせっかく指定し続けても、保存をおさずに画面を抜けてしまうとやりなおしになりますので注意が必要です。最後に、日曜日は常に定休日である場合など、曜日単位で一括で休業日を指定するには、表示月の曜日をクリックします。

「日曜日を休業日に設定しますか?」というアラートがでますので、OKを 押しますと表示月且つ当日より先の1年分の日曜日が休業日となります。

 

関連記事

メルマガ登録
セミナーやキャンペーン情報など、不定期で配信しています