(2)商品-カテゴリアーカイブ

ルーティング ec_product_category
引数 カテゴリID
{{ path(“ec_product_category”, {“id”:3}) }}

 

カテゴリごとの商品一覧です。

指定されたカテゴリidに属する商品一覧を返すことと、ページャーが主な機能です。

 

Ⅰ カテゴリ

指定されたカテゴリの情報です。

 

category 該当するカテゴリの情報を格納
node カテゴリの構造体
id カテゴリid
name カテゴリ名

 

例えばカテゴリ名を出力する場合は、

と記述します。

 

Ⅲ 商品一覧

 

_pager
adapter ページ全体の情報をまとめた構造体
getTotalResults 該当する全件数
page カレントページの番号(1ページ目は1)
limit ページ内の表示件数
getResults カレントページの結果の構造体(productとイコール)

 

カレントページに表示すべき商品一覧は、_pagerに集約され、商品情報はgetResultsに格納されます。

getResultsは、「(1) 商品 / Ⅱ 商品情報 」のproductと同じ構造になります。

 

並び順と表示件数は、以下のパラメータをgetで渡すことで変更ができます。

それぞれ{{ orderby }}、{{ dispNumber }}で、現在の設定を取得することも可能です。

 

orderby

sort_new (デフォルト):新着順

sort_price_low:価格が安い順

sort_price_high:価格が高い順

をgetで渡すことがためのキー

dispNumber 表示順を数値で指定し、getで渡すためのキー

 

ページャーのHTMLを出力するタグです。

ページ送りやカレントページの表示など、ページや総ページ数に合わせてHTMLを出し分けます。

 

<ec:RenderPager> ページャーのHTMLを出力するための独自タグ

関連記事

メルマガ登録
セミナーやキャンペーン情報など、不定期で配信しています