2.インデックステンプレート

ルーティング 個別に指定
引数 無し

 

インデックステンプレートとは、トップページに代表される、最上位概念のテンプレートです。

他のテンプレートを読みこんだり、独自にデータを引っ張ってきて表示するなど、オリジナルの画面を作りたい場合に使用します。

商品やページといった、管理画面上の登録データとの依存関係は無いため、デフォルトで引き渡されるデータはありません。

そのため、特定のタグのリファレンスは無く、商品やページの情報を表示させたい場合はentity_managerを使用してデータを呼び出すことになります。

 

例えば以下は、インデックステンプレート内で商品一覧を出力する例です。

例として、カテゴリid=7をオススメ商品として5件出力する場合は、以下のように記述します。

 

関連記事

メルマガ登録
セミナーやキャンペーン情報など、不定期で配信しています