❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

LaunchCartな日々

LaunchCartとともに歩む日々を綴った
ブログです

2022年のトレンドカラーはこれだ!!

テクニック

2022年のトレンドカラーはこれだ!!

皆さんにとってのトレンドカラーなどはありますか?

実は毎年PANTONE社というところが「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」というものを12月頃発表しており、来年のトレンドカラーが選ばれます。

また、PANTONE社以外でもJAFCAという団体からトレンドカラーを発表していましたので両方とも紹介しようと思います。

PANTONE社とは

アメリカに本社がある色見本の企業で、アパレルをはじめ、美容、インテリア、工業デザイン等、あらゆる業界をサポートしており、PANTONEの色見本帳は、製品の色を決定する際のヒントとして、あらゆる業界で使われています。

JAFCAとは

カラーデザインの向上と、豊かな色彩生活を目指してアパレルファッション、プロダクツ&インテリア、化粧品、学校等多業種の会員により構成されたカラーデザインに関する様々な活動をしている団体です。

PANTONE社2022年トレンドカラー

ベリー・ペリ(Very Peri)

カラーコード:#6667AB
RGB値:102,103,171
HSV値:239,40,67
CMYK:40,39,0,32

今回の為に発表された新色であり、「その勇気ある存在は、個人の発明や創造性を促す」という意味を込めた色となっております。
ブルーの持つ誠実さと不変性、レッドの持つエネルギーと興奮を融合させた、この最も幸せで暖かいブルーの色合いは、元気を与える新しさの素を注入します。

ラベンダーのような配色はすぐに目に飛び込んでくる優しい暖かみを醸し出しており、幻想的なデジタルの世界であったり、物理的な素材の中であれ、グラフィックやマルチメディア・デザイン、パッケージングなどの多くの用途に理想的な色合いとなっております。
またこれらの媒体以外にもアパレル・美容・インテリアデザインにも今後多く取り入れられていくかと思われます。

公式ホームページではベリー・ペリを使ったカラーパレットを紹介しており、デザインをする上で参考になるかと思われます。

JAFCA2022年トレンドカラー

ジョリー・コーラル(Jolly Coral)

カラーコード:#F18D5F
RGB値:241,141,95
HSV値:19,61,95
CMYK:0,41,60,5

公式サイトによると、ジョリー・コーラルを 「2020年、2021年と暗く長いトンネルを歩いてきた私たちを導き、心身をいたわってくれるかのよう」と表現しています。
見た通り、オレンジをベースとした明るく優しめなカラーとなっております。
2020,2021年で暗い気持ちだったのを2022年では晴れやかに、そして前を向いていく表現が込められており今まで以上に未来へ期待というものがこもった鮮やかな色が選ばれました。

以上、2022年のトレンドカラーの発表でした。
2社とも赤色の要素が入っており、やはり今年のイメージは前向きな気持ちやエネルギーを感じる年ということがわかりました。

今年は目にする機会も増えるかもしれませんね。

 

参考サイト

https://goworkship.com/magazine/2022-trendcolor/

https://coliss.com/articles/build-websites/operation/design/color-of-the-year-2022-lavender-very-peri.html

公式サイト

Pantone:https://www.pantone.com/uk/en/color-of-the-year-2022

JAFCA:https://www.jafca.org/colorcolumn/20211210.html

この記事を書いた人
yonekuraのアイコン

yonekura

気になったモノを自身の勉強の為、記録として書いています。