プレスリリース・コンテンツ

単品通販?総合通販?適したカートを選ぶことが必要です!

EC

単品通販?総合通販?適したカートを選ぶことが必要です!

はじめに

越境ECに特化したショッピングカートシステムはいくつかありますが、それぞれの特徴を正確に掴んで、自社商品にマッチしたカートを選ぶことは簡単ではありません。
本記事では、越境ECカートを選ぶポイントを「単品通販と総合通販」という切り口でお伝えします。

総合通販タイプか単品通販タイプか

弊社に越境ECサイト構築のご相談があった際、一番にお聞きするのは「総合通販タイプですか?単品通販タイプですか?」という質問です。

そもそも総合通販と単品通販とはなにか

ECサイトとして一般的にイメージするのは、複数の商品が並んでいる総合通販タイプでしょう。
商品数は数十から数千、数万SKUに及ぶこともあります。サイトの構成としてはTOPページ、一覧ページ、商品詳細ページ、購入ページ、マイページ、その他固定ページ(特商法や購入ガイド等)という作りが一般的です。

一方で、単品通販タイプというのはその名の通り、1つの商品のみを販売するECサイトになります。縦長のランディングページを用いてじっくり商品説明をするサイトが一般的です。LPの最後に購入フォームを設けて、他ページに遷移することなく一つのLPで決済完了することが可能です。
化粧品やサプリメントなど、サイトでしっかりと商品説明をすることが必要な商材に適しています。定期通販にもマッチしやすいと言えます。

カートによって得意、不得意がある!

じつはカートシステムによって、総合通販タイプが得意なカートと、単品通販タイプが得意なカートがあります。
両方対応可能とうたっているカートでも、どの程度の機能があるかはしっかりと確認することが必要です。

「単品通販で展開したかったのに総合通販タイプしかできなかった」
「単品もできると聞いていたのに、機能的に弱くて日本で行っているような施策ができなかった」
「総合通販と単品通販を一つのカートでやりたいのにできなかった」

契約後にこのようなことがないようにご注意ください。

なぜそんなことが起こる?

なぜこのような問題が起こるかというと、単品通販タイプには求められる機能が多く、総合通販を得意とするカートではそこまで手が回らないというのが実情のようです。

  • フォーム一体型LP
  • 購入画面で表示されるアップセル
  • 定期機能のカスタマイズ(配送期間の設定、定期回数別の同梱物設定など)

上記は一例ですが、日本の単品通販事業者は、世界にも類を見ないような「おもてなし」をしています。したがって、カートシステムに対してもかゆいところに手が届くような機能を求めます。

LaunchCartは総合通販タイプも単品通販タイプも対応!

最後に思いっきり宣伝で恐縮ですが、LaunchCartは総合通販タイプにも単品通販タイプにも両方高いレベルで対応可能です!


そもそもLaunchCartは総合通販タイプのカートとして開発をスタートしましたが、数年前よりアジア向けに単品通販販売の需要が爆増。お客様のご要望に応えるかたちで、単品通販の機能を追加開発してきました。

詳しくはLaunchCartの機能一覧を確認いただきたいのですが、総合通販タイプ、単品通販タイプともに越境ECに必要な機能は揃っています。

1つのLaunchCartアカウントの中で、単品通販からはじめて総合通販に切り替えることも、単品通販と総合通販を共存させることも可能です!

ぜひご検討ください。