プレスリリース・コンテンツ

世界のECの覇者!Amazonとebayの違いについて調べてみた。

世界のECの覇者!Amazonとebayの違いについて調べてみた。

はじめに

越境ECに関して情報収集をされている方や、越境EC関連事業者の方は皆さんご存じであろう、Amazonとebay。アメリカ発の2大ECモールであり、世界中に展開している巨大ECモールです。

今回は、そんな世界を代表するAmazonとebayの特徴の違いについて調べてみました。

Amazonについて

Amazonは、1995年に創業者であるJeff Bezos氏がガレージをオフィスとし、本を売ったことから始まったAmazon。初月から週当たり2万ドルの売り上げを叩き出した世界No1のECモールです。

現在では、20か国で利用されており、世界でも14番目に有名なWEBサイトと言われています。ちなみに、1995年にアメリカで開始し、1998年にイギリスとドイツに進出。日本には4番目の2000年に進出しています。意外にも英語圏であるカナダやオーストラリアは日本よりもAmazonの進出が遅く、それぞれ2002年と2017年だそうです。アジア各国の進出はそこまで進んでいないことも有名で、韓国や台湾、シンガポールを除く東南アジアでもAmazonは利用することはできません。

ebayについて

ebayは、Amazonと同じ1995年にアメリカでオークションサイトとして設立されました。現在では、190カ国に展開する世界最大規模のマーケットプレイスです。 アメリカやヨーロッパではAmazonに次ぐ2番目のシェアを誇るECモールであり、全世界では3番目となっています。しかし、ebayのアジア各国の認知度や利用率はそこまで高くありません。日本では、Qoo10をebayが運営しており、若者を中心にQoo10の方が認知度や利用率は高い傾向にあります。

Amazonとebayの違い

そんなAmazonとebayですが、顧客層や商品の種類等にどのような違いがあるのか、比較してみました。

 

Amazon

ebay
販売形態

BtoC

BtoC CtoC

対象国

20か国

190か国

商品数

350,000,000点

1,300,000,000点

平均年齢層

45~54歳

35~49歳

売上(2020年)

1973億ドル(ECでの販売のみ)

1027億ドル(70%はアメリカ)

EC以外のサービス

Amazon Prime(アメリカの44%の家庭がプライム会員)

なし

その他の特徴

 

アメリカでの売上割合:新品 56.3% 中古品 39.8%

Amazonはネット販売のみでの売り上げが上記であるため、プライム会員費やwebサービスを展開していることを考えると、企業として圧倒的であることがわかります。

しかし、ebay がそのAmazonを大きく超えるのが対象国や商品数です。誰でも簡単に出品できるサービスとなっているため、この莫大な商品数を揃えることができているのでしょう。

まとめ

今回は、アメリカ発の2大ECモール、Amazonとebayについて調べてみました。

国によって決済や物流方法が異なる中で、誰もが190カ国に出品できる越境ECの仕組みを持つことこそが世界第3位の利用者数を誇るebayの強みであり、改めて越境ECを先駆けて長年行ってきたebayの安定感を感じました。

 

《参考》OBERLO , OBERLO , impress

 

関連記事はこちら



画像参照先
https://saatsmedia.com/mail20201129/

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-18/PGRY5S6K50XT0