❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

プレスリリース・コンテンツ

Lazadaパートナー制度のご紹介

ECモール , アジア

Lazadaパートナー制度のご紹介

はじめに

東南アジアのECモールにおいて、最大級のモールの一つであるLazadaのパートナー制度をご紹介致します。

Lazadaパートナーついて

現在は、Alibabaグループ傘下ではございますが、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムと東南アジア6カ国に展開するECモールですがその中でも英語でパートナー制度として公開されているフィリピン、シンガポールのページを元にご紹介させて頂きます。

Lazadaフィリピンのパートナーページ

https://pages.lazada.com.ph/wow/camp/lazada/channel/ph/Lazada-Partners/

Lazadaシンガポールのパートナーページ

https://pages.lazada.sg/wow/gcp/lazada/channel/sg/long-term/lazada-partners-singapore

Lazadaジャパンのページ

https://lazada.jp/

日本語ページもございますが、パートナーに関する詳細はございません。

フィリピン、シンガポールではそれぞれページが用意されておりまして、内容は多少異なるものの概念的には同一と判断致しましたので、ご紹介させて頂きます。

まず、サービスのラインナップが記載されています。

フロントエンドとバックエンドに分かれており、

  • フロントエンド
    • 店舗のデザイン制作
    • 店舗運営代行
    • マーケティング
    • データ解析
  • バックエンド
    • カスタマー対応
    • 在庫管理
    • 付加価値サービス
    • 物流

と分類されています。

さらに、Lazadaプラットフォームと連携出来るシステムに対しても言及しており、

  • ECマネジメントシステム
  • 小売店舗システム
  • オーダーマネジメントシステム
  • 物流マネジメントシステム

もLazadaパートナーとして紹介されています。

オペレーションモデル

ブランドはメーカー、小売さんであり、実際にLazada内で店舗を構える会社を指しています。

この表で述べられていることはブランドさまは各種情報提供(Provide)してくれれば、あとはLazada Partnerが頑張りますということだと思います。

そして、PlatformであるLazadaは場の提供と、物流だけは提供しますという切り分けになります。モールが提供する物流サービス、LazadaではFBL(おそらくAmazonのFBAに相当するFulfillment by Lazada の略称と思われます。)は深掘りできる内容なので、また別記事で取り上げてみたいと思います。

ベネフィット

5つのベネフィットを掲げており、

  • 煩雑ではないワンストップソリューション
  • 統合された在庫
  • 最上級のサービス
  • プラットフォームのエキスパート
  • そのカテゴリーのエキストパート

を提供することを謳っております。

パートナー認証

フィリピンのLazadaパートナー
シンガポールのLazadaパートナー

パートナー認定されている会社が紹介されています。フィリピンは三ツ星のみですが、シンガポールは三つ星に加えて、二つ星、一つ星のパートナーも掲載されており、企業数や事業規模の大きさに比例しているものと思われます。

まとめ

Lazadaパートナー制度ですが、日本法人にもパートナーは複数社いらっしゃるので、日本法人ベースであれば、もちろん日本のLazadaパートナーへ依頼、相談するのが良いかとは思います 。

もし既に現地法人、現地スタッフが存在するか、今後ご予定されているようであれば、各国のLazadaパートナーへ相談するという選択肢もありますというご紹介でした。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事はこちら