越境ECセミナー
随時開催中!!

❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

プレスリリース・コンテンツ

環境への配慮がサイトでの信頼へ直結!?「フランスのEC事情大解剖」

環境への配慮がサイトでの信頼へ直結!?「フランスのEC事情大解剖」

はじめに

「荷物が届かない」

これはフランスに住みはじめた日本人の多くが語る、嘘みたいな本当の話です。

せっかく日本の友人や親から、大好物が入った大きな荷物を送ってもらっても、行方不明になってしまうことがよくありました。行方不明にはならなかったにしても、配達員が実際には来ていないのに来たふりをして、「再配達はしないから自分で事業所まで取りに来てね」なんて言われることもあるそうです。

そんな物流に問題のある/あった国であっても、コロナによる巣ごもり、厳しいロックダウンの措置によってEC需要は高まっています。また、コロナの前と後で人気のECサイトにも大きな変化が見られました。ということで、フランスのEC市場について概観してみたいと思います。

コロナ前(2019年)までの状況

2019年までの4~5年間、毎年平均13%の成長をしていたフランスの越境EC市場ですが、ついに2019年、1,000億ユーロの大台に乗りました。(2018年比11,6 %増)

以下は2019年時点で登録者の多かったサイトTOP 5です。

また、当時の一回あたり購入金額の平均は59ユーロで、購入頻度は月平均3.5回でした。購入経路は10人に3人がモバイルからでした。

コロナ後の状況

コロナ感染大爆発、それに伴う厳しい外出制限でEC市場も大きく変化しました。2020年の第二四半期だけで、なんと4,000万人のフランス人がECを利用したということです。これはインターネット利用者の78.3%に相当します。また、200,650ものサイトがアクティブとなりましたが、これは前年同期比で11,000サイト増です。

ECを利用するデバイスが少し変化したことにも触れておきましょう。モバイルが23%、PCが69%、タブレットが8%となり、PCの割合が増加しました。家にいる時間が増えたためだと予想できますね。

2020年のECサイトランキング

フランスで閲覧されているECサイトTOP10を見てみましょう。2019年時点のランキングは既に上で挙げましたが、ここでは最近のランキングを紹介します。少し顔ぶれが変わっていることが分かるかと思います。

特に注目すべきが、2019年にはTOP5圏外ながら、ここにきて2位に浮上したleboncoin。CtoC取引が中心のサイトで、中古品やサービスの譲渡・販売ができます。日本のメルカリ、ジモティーなどに似ているサイトです。

これら上位にランクインするサイトには①豊富なラインアップ ②迅速な配送 ③魅力的な価格 という共通する特徴があります。現在のフランスの配送事情についての詳細なデータは今回手に入りませんでしたが、コロナをきっかけに、ECが生活インフラとして急速に整備されたことは、利用者の増加からも明らかだと思います。

今後の注目すべき傾向は、「環境」

ズバリ、ECで注目すべき、今後のキーワードは「環境」です。フランスはもともと市民レベルでも環境問題に対して敏感な人がかなり多い国です。現に、世界中でSDGsが叫ばれるよりもずっと前に、ビニール袋禁止、スーパーでの食品廃棄禁止などを実現しています。

そんなフランスでは当然、ECというフィールドにおいても環境への配慮がなされています。例えば、EC利用者の70%が「環境に対して責任ある活動をしている、と表明するサイトを優先的に選ぶ」と回答しており、77%が「包装をしっかり分別して捨てる」と回答しています。また、環境コストを抑えるために、いわゆる「まとめて配送」を選択する人も71%にのぼります。

また、別の興味深い傾向として、フランス人が各種プロモーションイベントに興味を示しづらくなっているという報告もあります。Black Friday、Cyber Monday、French Daysという類のものは、当初ほどのインパクトを保持していないようです。その場限りのプロモーションより、長期的な環境の配慮や商品そのものへの魅力の方を重視する国民性なのでしょうか。詳細は不明ですが、詳しいことが分かり次第追記しようと思います。

まとめ

今回はとても簡単にフランスのECについてみてきました。

フランスは2021年4月現在もコロナによるロックダウンが強化されており、より一層ECは拡大しているのではないでしょうか。また、Amazonはフランスでも強いようですが、leboncoinのようにフランス生まれで急成長したECサイトもありました。また、環境先進国のフランスでのケースから、日本のEC市場が環境への配慮とECをどのように結び付けていくのか、学ぶべきところもありそうです。

《参考》
Crédit AgricoleFédération E-commerce et Vente À Distance 

 

関連記事はこちら