越境ECセミナー
随時開催中!!

▶▶▶ 【最大補助3/4】
IT導入補助金特別枠(C類型)を使って越境ECサイトを構築しませんか?

プレスリリース・コンテンツ

各国の決済事情シリーズ
「EMEAの決済事情を網羅」

各国の決済事情シリーズ「EMEAの決済事情を網羅」

はじめに

大陸ごとの大きい決済トレンドを見るシリーズ第三弾、今回はEMEAをご紹介します。

EMEAという聞き慣れない名称ですが、Europe、the Middle East、Africaの頭文字をとった略語で、ヨーロッパ、中東、アフリカを一括りにした地域を指します

上図の通り、非常に広範囲で経済格差も大きいですが、インドからオセアニアを含むアジア地域をAPACと呼称するように世界を大別した時に、用いられる区分として今回はご紹介します。

主な決済手段

対面式の主な決済手段

現金支払いがシェアでは一番ですが、大きな特徴としてはデビットカードの利用率の高さが挙げられます。

クレジットカードが7%という数字に対して大きく乖離があり、2020年の予測に対しても、クレジットカードが4%増に留まるのに対し、デビットカードは8%増の44%まで上昇しており、約半分の決済がデビットカードということになります。おかげで電子決済も8%の普及に留まる見込みです。

大きな括りのため見えないのですが、このデビットカードはデンマーク、オランダ、ノルウェーと北欧地域で非常に好まれて使用されています。

 

《出典》Worldpay

Eコマースの決済手段

オンラインでは、2018年時点で電子決済のシェアが一番となっています。

まだ現金主義のアジア、クレジットカード発祥の北アメリカ、ラテンアメリカとも異なる発展を遂げています。

2020年予測でもその流れは変わらず、クレジットカード、デビットカードのシェアがそのまま電子決済に移行する予測となっています

 

《出典》Worldpay

 

まとめ

デビットカードが非常に強いということが鮮明なEMEAでした。クレジットカード発祥のアメリカとは違い、もっともっと歴史の長いヨーロッパが銀行ベースの決済を好んできた歴史を垣間見ることが出来ました。

越境ECにおいては、日本のカルチャー(コミック、アニメ)といった商品の人気はありますが、生活用品等は送料などのあらゆるコストにおいて、日本からの直送に優位性がありません。むしろ、今後ヨーロッパの中小メーカーがアジア進出を目論見、アジア向けの越境ECを仕掛けてくることが予想されます。

《参考》決済に関する中間的業者に係る欧米における制度面での対応等

 

 

関連記事はこちら

資料ダウンロード

送信いただいたメールアドレス宛に、資料のダウンロードURLを送付いたします。