▶▶▶ 【最大補助3/4】
IT導入補助金特別枠(C類型)を使って越境ECサイトを構築しませんか?

プレスリリース・コンテンツ

各国の配送業者シリーズ
「フィリピンの配送業者まとめ」

EC , フィリピン , 物流

各国の配送業者シリーズ「フィリピンの配送業者まとめ」

はじめに

各国の配送業者シリーズで今回は「フィリピン」の配送業者をご紹介します。
昨今のフィリピンはインターネット利用者が全人口の70%オーバーの利用率を誇っており、利用時間は世界一長い国とも言われています。

そのため、オンラインでの購買も盛んです。そんなフィリピン向けの物流企業を紹介します。

これから越境ECをはじめる方、現在進行形で越境ECを行っている方問わず更なる発展に役に立てばと思い、まとめました。

3つの配送業者 in フィリピン

1. TRANSTECH(トランステック)

日本全国のお客様のご自宅からフィリピン全域のお届け先までお荷物をお届けする定額制の宅配サービスです。

日本からフィリピンに向けて、様々なサポート体制を構築している企業の1つで、フィリピン向け送金を専門とするLBC REMIT EXPRESSのサービスの送金サービス、Balik Bayan Boxも提供しています。配送業務のみならず、フィリピン送金業を15年以上経験したノウハウを活用してフィリピン進出に関わる様々なサポートなどがあります。

《出典》TRANSTECH

2.SGH:(佐川急便)

佐川急便は日本でメジャーな配送業者ですね。
そんな佐川急便(SGH)も2016年からフィリピン大手物流企業LBC EXPRESS社と、フィリピン国内のデリバリーおよびロジスティクス事業領域において業務提携契約を締結しています。

国際エクスプレス事業とLBC EXPRESS社の持つ国内デリバリー、ロジスティクス事業の機能を一体化させることで一貫性のある物流サービスをさらに拡充されていることが強みです。

《出典》SGH(佐川急便)

3.FedEx(フェデックス エクスプレス)

フェデックス エクスプレスは、幅広いeコマースおよびビジネスサービスを中心にグローバル規模で展開している会社です。

総合航空貨物輸送会社として、迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを全米ならびに世界220以上の国と地域で提供しています。

輸送方法として空と陸のグローバル ネットワークを活用し、通常1~2営業日以内で時間厳守が求められる貨物の輸送を行っています。

2016年6月にオーストラリア、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、及びベトナムで、「FedEx Virtual Assistant」という、担当者とのチャット機能の提供を開始し、更なる貨物に関連する広範なカスタマーサービスの強化を行いました。

料金やお支払い形態については下記を参照してください。

《出典》FedEx

 

まとめ

今回は越境EC配送業者シリーズinフィリピンをまとめました。
日本からフィリピンへという基準でしたが、今後は現地EC向けのサービスもご紹介したいと思います。


関連記事はこちら


 

資料ダウンロード

送信いただいたメールアドレス宛に、資料のダウンロードURLを送付いたします。