プレスリリース・コンテンツ

各国の配送業者シリーズ
「ベトナムの配送業者まとめ」

各国の配送業者シリーズ「ベトナムの配送業者まとめ」

はじめに

各国の配送業者シリーズで今回は「ベトナム」の配送業者をご紹介します。
昨今の越境ECにおいてベトナムもシンガポール、台湾と並び注目されている国です。

メジャーどころの国際宅急便、EMSもありますがその他も注目したい配送業者もあります。

これから越境ECをはじめる方、現在進行形で越境ECを行っている方問わず更なる発展に役に立てばと思いまとめました。

4つの配送業者 in ベトナム

1. FedEx(フェデックス エクスプレス)

フェデックス エクスプレスは、幅広いeコマースおよびビジネスサービスを中心にグローバル規模で展開している会社です。

総合航空貨物輸送会社として、迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを全米ならびに世界220以上の国と地域で提供しています。

輸送方法として空と陸のグローバル ネットワークを活用し、通常1~2営業日以内で時間厳守が求められる貨物の輸送を行っています。

2016年6月にオーストラリア、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、及びベトナムで、「FedEx Virtual Assistant」という担当者とのチャット機能の提供を開始して更なる貨物に関連する広範なカスタマーサービスの強化を行いました。

料金やお支払い形態については下記を参照してください。

《出典》FedEx

DHL(ディー・エイチ・エル)

DHLはサービスの展開として以下の内容を「売り」としています。

配送が早く(2日~5日)輸送品質に定評があるDHLは、世界220以上の国・地域をカバーする独自のネットワークを確立している。

この世界220以上のネットワーク網が、書類や小口貨物を、海外配送でも最速では翌日午前到着という、スピード感で配送を実現している。

特に、アジア主要都市へは翌営業日着を実現しており、日本国内輸送をも上回るスピードを誇っている。

海外配送で最短翌日午前到着は非常に素晴らしいと思うので、「とにかく配送を早くしたい!」という方にはオススメの配送業者です。

気になる料金体系や他オプションについて下記を参照してください。

《出典》DHLサービスガイド

UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)

UPSは高単価系の配送に対してのサービスを基準に行っています。
以下がUPSのサービス基準として掲げている事項です。

宝飾品、腕時計、収集品といった高額品は、輸送中の破損、紛失、遅配の代償も大きく、大きな経済的損失につながる可能性があります。高額商品を対象にしたパーセルプロ、a UPS Capital Company は、最適なリスク軽減と保険付き輸送によってお客様の高額な貨物を保護し、安心なサービスをご提供します。

ゾーンよっての価格やサービスオプションの内容については以下を参照してください。

《出典》UPSにおけるゾーンと料金表、オプションについて

OCS(株式会社OCS)

ANAグループの運送業で、 沖縄県の信販会社です。
大枠として2つの「輸出」サービスと1つの「輸出」サービスを展開していますのでサービス概念を紹介します。

輸出サービスはもちろん、返品などの対応として輸入サービスも注目です。

【輸出サービス】

お急ぎの書類・貨物を翌日午前中から配達 

各種ビジネス貨物を速く、確実に、世界中へお届けします。 東アジアの主要都市へは最短で集荷翌日午前から。 アメリカは集荷翌日、欧州の主要都市は集荷翌々日の配達が可能です。

100kgを超えるお急ぎでない貨物をリーズナブルにお届け

搬入翌日以降のフライト搭載で高重量貨物を配達先までリーズナブルにお届けします。

IEX エクスポート同様、ウェブトラッキングも可能です。


【輸入サービス】

日本宛貨物の円建て輸入着払いサービス

IEX エクスポート同様、ドア・ツー・ドアのパッケージ料金でご利用いただけます。 円建て料金ですので為替変動による影響を受けることもなく、貨物の輸入に関わるコストも一目瞭然です。

《出典》OCSオフィシャルサイト

まとめ

今回は越境EC配送業者シリーズinベトナムをまとめました。
日本からベトナムへという基準でしたが、今後は現地EC向けのサービスもご紹介したいと思います。




関連記事はこちら

資料ダウンロード

送信いただいたメールアドレス宛に、資料のダウンロードURLを送付いたします。