越境ECセミナー
随時開催中!!

❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

プレスリリース・コンテンツ

海外ECカート企業を独自解説!インド発ECカートShopaccino

EC , ECカート , インド

海外ECカート企業を独自解説!インド発ECカートShopaccino

はじめに

まだ見ぬ海外のEC関連事業を少しずつ調べてご紹介しています。今回はインド発のECカート「Shopaccino」を紹介します。

「I Solution Microsystems」社について

I Solution Microsystems社は、2004年創業でECカート「Shopaccino」は2014年から提供を開始しています。

ECカートを提供するまでの10年間は中小企業向けにいわゆる受託開発を行っていたという記述があります。

本社は、インドのJaipurという都市で、首都のニューデリーやIT都市のバンガロールからも距離がある都市に位置しています。

Shopaccinoの特徴

実績は1,000サイトと掲載。中小企業向けを謳っており、下に記載の価格帯もまさに中小企業向けといったところです。また、導入実績をみるとインド国内のメーカーさんが多く見受けられ、一部でオーストラリア、アメリカなどの英語圏での実績もあるようです。

また、30以上のテーマが提供されており、オリジナルデザインまで費用や技術面で回らないことが多い中小企業に適した特徴があります。

また、ネイティブアプリを作成できることも売りにされており、こちら要見積もりとなっています。

Shopaccinoの価格

価格は最上位のアドバンスでも月100ドルで、オリジナルデザイン~セットアップまでのお任せプランはお見積り形式で提供しているようです。

Shopaccinoのローカライズ

決済手段

Paypal、Amazon、GooglePayなどのグローバルな決済とインド国内の銀行や決済システムと連携していることが伺えます。

配送手段

こちらも決済手段と同じようにFedex、DHLといったグローバルな配送を軸にインド国内の配送会社とも連携しています。

まとめ

導入実績を見るとインド国内を主軸としつつ、グローバルへも対応しているといった具合で、インド国内の決済の充実度からもインドマーケットを狙うのであれば、有力な選択肢になると思われます。

 

 

関連記事はこちら