プレスリリース・コンテンツ

補助金と助成金の違いについて
まとめてみました。

補助金

補助金と助成金の違いについてまとめてみました。

はじめに

新型コロナウイルスの影響で補助金や助成金を聞く機会が増えたと思います。聞いたことはあるが違いが分からないという方もいるのではないでしょうか。

今回は違いが分かりにくいこれらについて解説します。

概要

補助金

補助金は国や地方公共団体、各種団体が一般企業を対象に支給します。
特定の事業を対象に支給していくので管轄は経済産業省になっています

また、採択制となっており申請をしたのち、採択された企業のみ支給されます
助成金と比較する上でここは大きな違いと言えます。

代表的な補助金としては以下のものが挙げられます。

    ・ものづくり補助金
    ・IT導入補助金
    ・持続化補助金

助成金

助成金は国や地方公共団体、各種団体が一般企業を対象に支給します。投資や支出も対象にしており、補助金と比較するとやや緩めの制限になっています。

財源は雇用保険なので厚生労働省が管轄になっています

助成金は補助金と反対に、条件を満たして申請をしてしまえば確実に支給されます。

代表的なものとしては以下のものが挙げられます。

    ・雇用調整助成金
    ・小学校休業等対応助成金
    ・働き方改革推進支援助成金

共通点

似ているようで特異点が多い補助金と助成金ですが、もちろん共通点も存在しています。

返済が不要

1つ目に返済が不要という点です。

両者とも貸付ではないので支給後に返済の義務は発生しません。

支給額・補助率

2つ目に支給額・補助率です。

どちらも支給額の幅は数十万~数百万円程度、補助率は1/2~2/3程度になっています。支給額が億単位であったり、全額支給のものは交付金であることが多いです。

適用期間

3つ目に適用期間です。

どちらも半年から1年程度と短期のものが多いです。期間が長いものはこれも補助金とされる場合が多いです。

まとめ

補助金と助成金についてまとめると以下のようになります。

補助金 助成金
国、地方公共団体、各種団体 支給元 国、地方公共団体、各種団体
経済産業省 管轄 厚生労働省
一般企業 支給先 一般企業
採択制 支給制度 申請制

今回は補助金と助成金の違いについてご紹介しました。

2つを比較すると補助金は申請だけでなく採択をされる必要があるので少し活用難易度が高いと言えます。

スターフィールドでは補助金申請代行も含めた中小企業支援キャンペーンを行っています。最大2/3が補助となるので是非一度ご確認ください。

苦しい時期ではありますが、一緒に乗り越えていきましょう!






関連記事はこちら


資料ダウンロード

送信いただいたメールアドレス宛に、資料のダウンロードURLを送付いたします。