▶▶▶ 【最大補助3/4】
IT導入補助金特別枠(C類型)を使って越境ECサイトを構築しませんか?

プレスリリース・コンテンツ

コロナで上限100万円に!注目の小規模事業者持続化補助金とは?

EC , 補助金

コロナで上限100万円に!注目の小規模事業者持続化補助金とは?

はじめに

これまで越境ECで活用出来る補助金/助成金を紹介してきましたが、今回は小規模事業者持続化補助金をピックアップしてご紹介します。

越境ECを始めようと考えている方のお力になれればと思います。

新型コロナウイルスの影響

今年のあらゆる活動に影響を及ぼしている新型コロナウイルスですが、補助金利用者にとってはプラスに働きました。下記のように対象の補助金は補助上限、補助率が大きく伸びています。

政府が閣議決定した経済産業省の2020年度補正予算案によると、IT導入や販路開拓支援などを行う中小企業生産性革命推進事業において、IT導入補助金の補助率を従来の1/2から2/3に引き上げ、持続化補助の補助金を100万円に引き上げるといった特別枠を創設する。

《出典》IT補助金の補助率2/3引上などの補助事業特別枠を創設

特別枠の影響

  補助上限額 補助率 備考
ものづくり補助金 1,000万円 1/2→2/3
小規模事業者
持続化補助金
2/3 50万円
→100万円
IT導入補助金 1/2→2/3 450万円 ハードも
対象に

補助金の概要

小規模事業者持続化補助金とは、相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、 賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、販路開拓などの取り組みの経費の一部を補助し、生産性向上と持続的発展を支援するものです。

対象となる事業者

補助対象者は日本国内に所在する小規模事業者です。具体的な小規模事業者の定義は下記の表の通りになっています。

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5名以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数20名以下
製造業その他 常時使用する従業員の数20名以下

また、以下の条件を満たす事業者が重点的な支援を受けることが出来ます。

    ・新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも
      販路開拓等に取り組む事業者

    ・賃上げに取り組む事業者

    ・計画的に事業承継に取り組む事業者

    ・経営力の向上を図っている事業者

    ・地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し地域経済への
     影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが
     期待される企業として経済産業省が選定した事業者等

    ・過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に
     取り組む事業者

支給対象となる取り組み

下記いずれかに該当が必要です。

    ・地道な販路開拓等(生産性向上)の取組について

    ・業務効率化(生産性向上)の取組について

支給額・補助率

補助上限額は100万円、補助率は2/3となっています。

100万円の補助を受けるには150万円以上の補助対象となる事業計画の提出が必要になります。

詳しくは商工会議所のHPをご覧ください。

まとめ

アウトバウンドの越境ECは外出できない環境相性が良く、売上を伸ばしている企業が多く見受けられます。働き方など終息後にも大きな影響を残しそうなコロナショックをうまく活用していきましょう。

スターフィールドでは補助金申請代行も含めた中小企業支援キャンペーンを行っています。最大2/3が補助となるので是非一度ご確認ください。





関連記事はこちら


資料ダウンロード

送信いただいたメールアドレス宛に、資料のダウンロードURLを送付いたします。