越境ECセミナー
随時開催中!!

❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

プレスリリース・コンテンツ

海外ECカート企業を独自解説!アメリカ発BtoBカートZoey

EC , ECカート , アメリカ

海外ECカート企業を独自解説!アメリカ発BtoBカートZoey

はじめに

まだ見ぬ海外のEC関連事業を少しずつ調べてご紹介しています。今回はアメリカ発のBtoBカート「Zoey」を紹介します。

今までご紹介してきた数々のカートシステムはすべてBtoCを対象にしていたものですが、今回初めて海外のBotBカートを取り上げてみました。

「Zoey」社について

サービスサイト上には会社の概要について詳しく掲載がないため、Linkedinでの情報となりますが、Zoey社は、2014年創業で拠点はアメリカのミネソタ州ミネアポリスです。ミネアポリスはカナダとの国境に面しており、日本の旭川よりも北に位置し冬は平均マイナス11度にもなる地域です。

他の海外ECカート提供会社もそうでしたが、地方都市を拠点としております。あるあるですね。

Zoeyのポジショニング

Zoey社Facebookアカウントにてシェアされていた、SoftwareReviewsの記事でご紹介します。

BtoB Ecommerce Platformsという括りの中で右上にいくほどマーケットのリーダーという位置付けの図です。「Salesforce B2B Commerce Cloud」「Fastspring」「BigCommerce」「ShopifyPlus」が名を連ねており、「BigCommerce」「ShopifyPlus」は言わずもがなBtoCでも大きなシェアを持っている上場企業です。その中で非上場企業かつ2014年創業というベンチャー企業としてその中でZoeyは準大手といった位置づけなのだあと読み取れます。

また、競合に対して比較はサービスサイト上でも、しっかり名指しで行われております。ほかのカートサービスでもありましたが、名前を伏せないあたりは文化の違いですね。

Zoeyの特徴

実績数については、公開されている情報はありませんでした。特徴といっては、なんといってもBtoBに特化していることでしょう。toBの業態としてフランチャイズ、卸売、メーカーが掲げられております。

Zoeyの価格

価格も公表されておりません。サービスサイト上では、その代わりに営業のステップが紹介されており、ヒアリングやでもを行った上での個別提案&見積もりを掲げております。

個別対応を前提としたサービス設計であることが伺え、BtoC向けカートとは大きく異なります。

Zoeyの機能

機能一覧はこちらのページに掲載されています。モバイルアプリ、BotBコマースの項目は割愛してその他見ていきます。

アクセス制限

BtoBカートでは必須機能です。

  • ゲストへの価格非表示
  • カタログダウンロードの制限
  • 決済手段の制限
  • 配送手段の制限

が揃っています。

Access restrictions login screen

顧客グループ

こちらはログイン後の顧客ごとにさらにグルーピング、ランク付けをする機能。

  • 価格
  • 決済手段
  • 配送手段
  • デザインテーマ
  • 割引

これらの機能を使うことで、顧客グループごとに出し分けが可能です。

オーダーポータル

toCでのいわゆるフロント画面のことを指しています。

  • テーブルビュー
  • 合理化されたデザイン

が掲げられており、以下、Youtubeでの動画からキャプチャを拝借いたしましたが、大量注文を前提にしたレイアウトになっています。

見積もり機能

オーダーポータル外の注文に対しての機能です。

  • 個別商品登録
  • 注文への転換
  • メール送信

顧客管理

顧客ごとに注文可能な金額、アラートを上げる閾値などの設定が可能です。

  • 注文の承認フロー
  • 支払いの閾値の設定
  • ロケーション
  • 責任者の設定

営業担当向けツール

toBの顧客に対して自社の営業アカウントを紐づけることができ、営業マンごとの制御を行います。

  • 注文の紐づけ
  • 見積もり作成機能

顧客向け機能

各顧客向けに提供される機能群です。

  • 再注文
  • 注文履歴
  • お気に入り、ウィッシュリスト
  • 複数配送設定

まとめ

今回は、越境ECからは少し離れてみましたが、グローバルなBtoBカートを調べてみました。toB向けだと、toCと求められるものも異なるため、toCにはない機能もたくさんありました。やはり、商慣習の大きな違いをいかにクリアしていくかが、利用者を増やしていくポイントだと感じました。


《参考・画像出典》Zoey, SoftwareReviews

関連記事はこちら