プレスリリース・コンテンツ

越境ECでの決済・送金のトラブル事例と解決策を8例ご紹介!

EC

越境ECでの決済・送金のトラブル事例と解決策を8例ご紹介!

はじめに

越境ECで起こる一番のトラブルはやはりお金にまつわること。本記事では決済や送金に関するトラブルとその解決策をまとめました。

トラブル&解決策8例

トラブル

カードの不正使用が発覚。チャージバックで100万円の被害!

解決策

・不正使用対策サービスを提供する決済事業者を選択。
・3Dセキュアを利用する。
・発送前に注文情報を確認。(多すぎる注文や、不審な住所など)


トラブル

カードの実保有者が不審請求!

解決策

・正しい製品情報、返金ポリシーなどをサイト内に明示。顧客との認識の齟齬が起きないようにする。
・為替レートの乖離に対する苦情については、多通貨決済を利用し、決済金額と請求金額が同一になるようにする。


トラブル

不審請求の対応方法が分からない。

解決策

・決済代行会社からチャージバックの連絡があった際に速やかに対応。決済代行会社のフォーマットに合わせて反論する。


トラブル

導入したい決済があるが、何から初めていいか分からない。

解決策

・導入したい決済手段があらかじめ実装されているカートシステムを使う。

・新規で導入する場合は、初期費用や月額費用、システム構築費用、為替手数料などを把握する。



トラブル

越境ECを始めたが海外からの売上が伸びない。

解決策

・現地の顧客が慣れている決済手段を実装・現地通貨建てでの決済をする。
・画面遷移が少ないチェックアウトを導入する
・ワンクリック決済を導入する


トラブル

Amazon Marketplaceに出品したいが、現地銀行口座が作れない。

解決策

・外貨受取り収納代行サービスを利用する。
・オンラインで申込み・登録し、米ドル、ユーロ、中国人民元などの受取り口座を入手する。


トラブル

Amazon Marketplaceの売上分の日本送金手数料が高い。

解決策

・外貨受取り収納代行サービスを利用する。
・オンラインで申込み・登録し、米ドル、ユーロ、中国人民元などの受取り口座を入手する。
※手数料は出金額の1-2%のみ


トラブル

新割賦販売法が2018年6月1日から施行され、カード情報の非保持が定められたが、対策できているか不安

解決策

・カートシステム会社に、カード情報が自社のサーバーを通過していない、自社サーバーで保存していないことを確認。
・対策済みのカートシステムを利用する。

最後に

越境ECのお金にまつわるトラブルと解決策をご紹介しました。起きたトラブルをどう処理するかで担当者の手腕が試されます。ぜひご参考にしてください。