❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

プレスリリース・コンテンツ

【2021年12月最新】IT導入補助金だけじゃない!越境ECサイト構築で使える補助金、助成金10件

【2021年12月最新】IT導入補助金だけじゃない!越境ECサイト構築で使える補助金、助成金10件

コロナ禍において大きな打撃を受けている業種は多く、政府による数々の支援策が用意されています。
その中には越境ECサイトで利用できるものもありますが、特定の施策だけがフォーカスされすぎているようにも思えます。
そこで今回は越境ECで利用できるおすすめの補助金、助成金を10件に絞ってご紹介致します。

※本記事は2021年12月の情報を元に作成しております。実際に補助金・助成金に申請される際には、最新の情報をご確認ください。また、本記事は各補助金・助成金における越境EC事業での採択を保証するものではありません。

 

大規模・様々な事業で使える系

補助や助成を受ける場合、事業内容が補助金の意義目的にそぐわないと、対象外とされてしまいます。
まずは、予算の規模や上限補助額が大きく、かつ補助金の意義目的が広い(=様々な事業が該当する)ものをご紹介します。

IT導入補助金

IT系の事業を行いたい!という方全てが検討されていると言っても過言ではない、有名な補助金です。
予算規模は後述の「ものづくり補助金」、「持続化補助金」と合わせて2,001億円と補助金の中でも大きな予算が取られています。
しかし、2021年度は同範囲で2,300億円だったため、規模は縮小傾向にあるようです。念のため、その他の施策も合わせて検討するほうが懸命だと思います。

公式サイト:https://www.it-hojo.jp/

事業再構築補助金

こちらは2021年度の目玉として登場した大規模補助金ですが、なかなかEC業界では活用されたというニュースは聞きませんでした。
今も少しずつ形が変わっているようですが、2022年度も継続が決まっています。
1案件ごとの補助金額も高くインパクトの大きな補助金ですので、うまくマッチする方はぜひ活用していただくと良いと思います。

公式サイト:https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

小規模事業持続化補助金

1案件ごとの補助額は上記2つよりは劣るものの、対象者であれば上記2つよりは簡単に取得できるとされている補助金です。名前の通り、小規模事業者にしか適用できませんが、当てはまる方はぜひ検討するべきだと思います。

公式サイト:https://r1.jizokukahojokin.info/

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

一般型、グローバル展開型、ビジネスモデル構築型の3つの枠があり、2021年度は全て上限が1000万円以上と金額が大きい助成金になります。
EC事業者での利用も多く、該当するのであればオススメな補助金です。

公式サイト:https://portal.monodukuri-hojo.jp/

越境ECドンピシャ系


次に、補助/助成事業の意義目的が、「まさに越境EC!」といえる、越境ECにドンピシャな補助金・助成金をご紹介します。

JAPANブランド育成支援等事業費補助金

越境ECのためにあるのではというほど内容がマッチしている補助金。
そのため該当する方は多いと思いますが、予算規模が小さいため大規模補助金と比べると採択率は低くなっています。
来年度の実施が未定のため、引き続きの実施または新たな同趣旨の施策を期待したいと思います。

公式サイト:https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/

デジタルツールを活用した海外需要拡大事業補助金

こちらも12.4億円と規模は小さめですが、デジタルツールを前提とした施策であるため、越境ECを補助金を使って取り組みたいという方にとっては、申請しやすそうな補助金です。

公式サイト:https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/2021/211202digital-tool.html

販路開拓サポート助成事業

※こちらは東京都のみの施策且つ現在終了していますのでご注意ください。
非常に人気であったようで、すでに受付を終了しています。しかし、各都道府県や市区町村で同様の施策が多く出ていますので、このような施策は随時チェックしておくと損はないのではないかと思います。

公式サイト:https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/hanro-support.html

業種特化型


最後に、補助事業が特定の業種の支援のために作られた業種特化型のものをご紹介します。

新市場開拓支援事業費補助金(フロンティア補助金)

酒類事業者に特化したもので、最大500万円が補助されます。
越境ECの構築も「販売手法の多様化による新たなニーズの獲得」という趣旨にマッチすれば対象となります。

公式サイト:https://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/2325

伝統的工芸品産業支援補助金

伝統工芸品に特化した補助金で、上限が2,000万円の大規模補助金です。
越境ECにも対応しているため、伝統工芸品の販売を検討されている方は必見です。

公式サイト:https://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/570

業態転換支援

飲食事業者限定の施策で、上限100万円が補助されます。
こちらも東京都限定ですが、各都道府県、市区町村で同様の施策が多く見受けられます。ぜひ該当の自治体をチェックしてみてください。

公式サイト:https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/conversion.html#sample

まとめ

以上、10件に絞って助成金、補助金をご案内致しました。
越境ECを始める場合や、すでに始めているが拡充したい場合に使えるものなど様々ですので、自社のフェーズや状況に合わせてご検討いただくと良いと思います。
更に助成金、補助金について詳しく知りたい方は以下ページでもご紹介しているので、ご覧ください。

 

関連記事はこちら