メタタグの設定方法

多くの場合、メタタグが記述されるheadタグは、モジュールテンプレートに切り離して各テンプレートから読み込まれるように設計されます。

この場合のtitleタグの設定方法の一例をご説明します。

まず、共通のヘッダーテンプレートには以下のように記述しておきます。

変数:titleは、各テンプレートで設定してここで受け取るイメージです。

トップページからは’top’が渡ってきます。

そして、ユーザーの設定言語によって出し分けています。

system_config(“application_description”)は左メニューの「設定 -> システム設定 -> アプリケーション説明」を取得する関数です。

日本語での上記コードの出力例は

東京良品 – 東京の人気お土産通販サイト

となります。

続いて各テンプレートからtitleの渡し方です。

例えばカートページですと単純に「カートの中身」という文字列を渡します。

その場合は

{% set title = ‘カートの中身’ %}

と記述します。

ちなみにユーザーの言語に合わせる必要がありますので、{% if language == “cn” %}{% set title = ‘购物车中’ %}のように条件分岐で出し分ける必要があります。

次に商品詳細ページのように、商品ごとにtitleを変える場合です。

{% set product_name = product.attribute(‘商品名(日本語)’) %}

のように、テンプレートに記述するときのタグをそのまま変数:title渡します。

 

他にも、例えば拡張フィールド名を商品名_jp、商品名_enのようにしておき、languageと組み合わせることで以下のような記述方法でも実現可能です。

{% set product_name = product.attribute(‘商品名_’ ~ language) %}

様々な方法がありますので、試してみて下さい。

 

ちなみにdescriptionやkeywords、ogpなども同様の手順で実現可能です。

 

 

関連記事