機能一覧

ホーム > 機能一覧 > CMS

CMS CMS

LaunchCartなら全ページ
コーディングが可能です

テンプレートエンジン「Twig」を使って前画面、全タグを操作可能です。

図 1

インデックステンプレート

インデックステンプレート
インデックステンプレートとは、トップページに代表される、最上位概念のテンプレートです。他のテンプレートを読みこんだり、独自にデータを引っ張ってきて表示したりなど、オリジナルの画面を作りたい場合に使用します。または固定ページ、例えば特定商取引法のページや、ランディングページなどもインデックステンプレートで作るのが便利です。後述のフォーム管理で作成するページも基本的にはインデックステンプレートで作成します。

図 2

アーカイブテンプレート

アーカイブテンプレート
アーカイブテンプレートとは、1つのテンプレートを定義すれば、動的に登録情報が反映され、複数ページが生成されるタイプのテンプレートです。例えば商品の詳細ページやページの詳細ページ、商品、ページのカテゴリアーカイブ、商品の検索結果がこれにあたります。要は、1つ以上の登録内容によって自動的に情報が当てはめられて生成される画面です。このテンプレートはシステムで制御されているため、追加はできません

図 3

モジュールテンプレート

モジュールテンプレート
モジュールテンプレートとは、ヘッダやフッタなど、共通パーツを定義しておくテンプレートです。モジュールテンプレートは自由に作成し、別のどのテンプレートからも読み込むことができます。いわばテンプレートの部品です。

図 4

システムテンプレート

システムテンプレート
システムテンプレートとは、カートや決済など、EC機能としての中核を担う、システムで制御されたページです。システムで制御されているため、追加はできません

図 5

ユーザーテンプレート

ユーザーテンプレート
ユーザーテンプレートとは、前ページのシステムテンプレートのうち、顧客に関わる画面、要はマイページを制御するテンプレートです。システムで制御されているため、追加はできません。PCテンプレートの一覧画面です。新規追加が許可されている、インデックステンプレートとモジュールテンプレートには新規追加と一括削除のメニューがあり、それ以外は編集画面へのリンクのみ存在します

図 6

テンプレート編集画面

テンプレート編集画面
リッチテキストエディタによりブラウザ上からの編集が可能です。

テンプレートについて更に詳しい説明は「操作説明」をご参照ください。

WEBで簡単に
お見積もりいただけます

見積りシミュレーション