タグの条件分岐と記述方法例

タグとは?

タグはサンクスページ内にGoogleAnalyticsやそのEコマースタグ、各種CVタグを貼る際に、動的に値を出力するためのものです。

 

以下はGoogleAnalyticsの記述例になります。

注文ID、注文金額、商品情報(名称、個数、単価)をGoogleAnalyticsのeコマースタグに渡しています。

 

 

LaunchCart テンプレート記述例

よく使うタグについては下の一覧をご参照ください。

説明 コード
注文ID {{ order_group.id }}
商品ID {{ order_group.orders.first.details.first.product.id }}
請求金額 {{ order_group.getPaymentTotal|number_format }}
商品名 {{ order_group.orders.first.details.first.product_name }}
商品コード {{ order_group.orders.first.details.first.product.code }}
商品個数 {{ order_group.orders.first.details.first.quantity }}
SKU拡張フィールド {{ order_group.orders.first.details.first.getProductSku.getAttribute(‘拡張フィールド名’) }}
商品SKU {{ order_group.orders.first.details.first.getAttribute(‘拡張フィールド名’) }}
同梱物拡張フィールド {{ order_group.orders.first.details.first.getGroupAttribute(‘拡張フィールド名’) }}
顧客ID {{ order_group.consumer.id }}
配送先国 {{ order_group.orders.first.country.name }}
GET/POST値 {{ app.request.get(‘キー’) }}
オプションX {{ order_group.getOptionX }}

 

 

条件分岐したい場合

更に条件分岐したい場合の例をご紹介いたします。

 

例えば商品ごとにタグを出し分けたい場合は以下のように記述します。

 

配送先の国によって出し分けたい場合は以下のように記述します。

関連記事