❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

LaunchCartマニュアル

国ごとに異なる越境ECの事情&対策

国ごとに異なる越境ECの方法について、まとめました。

Index

国ごとに異なる越境ECの事情&対策

前ページ「越境ECとは(URL)」にて、越境ECと国内ECの主な違いについて簡単にご紹介しました。
本ページでは、国ごとの違いを表でまとめました。

越境EC各国ごとの違い
台湾 中国 シンガポール
マレーシア
ベトナム 韓国
言語 繁体字 簡体字 英語・簡体字・(マレー語) ベトナム語 韓国語
通貨 TWD CNY SGD・MYR VND KRW
決済サービス 後払い決済(コンビニ、ATM)
クレジットカード
Alipay
WeChatPay
銀聯
銀行決済
クレジットカード
PayPal
代引決済
銀行決済
クレジットカード
サーバー 日本 香港 シンガポール シンガポール 日本
検索エンジン Google Baidu Google Google NEVER
SNS Facebook
Instagram
LINE
WeChat
Weibo
Redbook
Instagram
Facebook
WhatsApp
Facebook
Zalo
KakaoTalk
Instagram
その他特徴 ECに関連する検索エンジンやSNSが日本とほぼ同じで、国内EC企業様は国内のノウハウを横展開しやすい環境です。 市場規模世界一。日本商品の購買力も高く、魅力的な一方、独自のネット規制(グレートファイアウォール)への対策が必須です。 中国語と英語が通じ、国内のECの環境が整っていて越境ECがしやすい環境です。台湾で成功された企業様が、越境ECのノウハウを横展開しているケースが多いです。 今後確実に成長をとげる市場。ECのインフラが整いつつあり、徐々に越境ECでの展開がしやすくなってきています。 カード払いがアジアのどの国よりも普及しており、ECがしやすい環境ですが、NEVERやカカオトークの活用等、現地への対応が必須です。

サーバー設置国について

越境ECサイトを運営する上で、表示速度は非常に重要です。サイトへのアクセス元から、サーバーまでの物理的な距離が近ければ近いほど、表時速度は速くなります。そこでLaunchCartは、販売先国に合わせて、複数の国の中からサーバーの設置国をお選びいただくことができます。

多国展開をされる場合、中国をターゲットに含むのであれば香港サーバーが必須となります。また、アジア全域をカバーするのであれば、シンガポールサーバーがおすすめです。

中国向け越境EC 香港サーバーの利点

中国は、グレートファイアウォールという独自のネット規制を持ちます。中国向け越境ECの場合は、香港サーバーをオススメしています。なぜ、中国国内のサーバーでないかと言うと、中国国内のサーバーにECサイトを設置するには、商用ICPライセンスという中国のライセンスを取得する必要があり、日本企業様が取得することは非常に困難だからです。一方、日本サーバーだと、グレートファイアウォールの検閲にかかり、中国国内で表示することのできるECサイトであっても、少なからず表示速度に負の影響が出てきます。そこで、ICPライセンスの取得が求められず、かつグレートファイアウォールによる検閲のない香港サーバーをご利用いただくことにより、中国国内で安定して表示のできるECサイトを制作できるのです。

 

 

LaunchCartマニュアル関連ページ