越境ECセミナー
随時開催中!!

❯❯❯ 低コスト・低リスクでグローバル展開!
「アジア越境ECの補助金・助成金プラン」
はこちら

LaunchCartマニュアル

サーバーについて

LaunchCartでは、基本料金のなかにサーバー料金を含んでいます。ご契約時には、サーバーのリージョン(サーバーを設置する国)とプラン(サーバーのスペック)を選択できます。ここではサーバーのリージョンとプランの概要と選ぶ基準、そしてサーバーのセキュリティについて説明します。

Index

サーバーのリージョン


販売したい国によってサーバーの場所を任意に選択することができます。
現地法人は必要なく、日本からの越境ECの場合でも選択可能です。
基本的には、主に販売したい国内または近隣国にサーバーを設置することをおすすめします。

LaunchCartワンポイント!

販売対象国に中国を含む場合は、香港リージョンをおすすめします。中国はグレートファイアウォールという中国政府のネット検閲があり、日本にサーバーを置いた状態だと適切な閲覧ができず、アクセススピードも著しく下がります。一方、中国本土にサーバーを置くためには、中国法人が必須だったり、取得が困難な商用ICPライセンスが必要だったりとハードルが非常に高いです。香港リージョンの場合は、中国政府からの検閲もクリアし、物理的な距離も近いためアクセススピードも担保されます。

サーバーのプラン

リージョンを選択した後、プラン(サーバーのスペック)を選択できます。日本リージョンだと5つのプランがあり、それ以外のリージョンだと6つのプランがあります。
それぞれのプランで、メモリ、ディスク容量、CPUが異なり、上位のプランほどスペックは上がります。
サイト構成や商品数、売上目標、プロモーションの方法によって必要なサーバースペックは異なります。ヒアリング後、適切なプランをご提案します。価格やスペックなどについては、下記見積りシュミレーションをご確認ください。

一つの目安として、サーバーが処理可能な同時アクセス数として、メモリ1G当たり25ユーザーという指標があります。同時アクセス数とは、1秒以内の短時間の間の同時アクセス人数を指します。

公開後にサーバーのスペックを上げることも可能です。ご入用の際には、担当営業までご相談ください。
※その場合は、見積シミュレーションに記載の初期費用が別途かかり、月額費用が変更月から日割りで発生します。

サーバーのセキュリティ

COMING SOON